研 究 課 題



ここでは,私がこれまでに取り組んできた研究を簡単にご紹介します。お読みになりたい項目をクリックすれば,各項目の行の先頭へ飛ぶことができます。
1.地理情報伝達の異文化比較:
2.公共事業をめぐる住民間対立: 

1.人はどうやって地理情報をやりとりしているのかを突き止める
大学院の修士課程にいた頃に着想し,私の研究者としての出発点になったテーマです。人の地理情報伝達に及ぼす文化や社会の影響は,果たしてどのくらい大きいのか明らかにすることを目的としています。

私たちは日々の暮らしの中で,すんなり地図を読み,カーナビの音声案内を聞いて道順を理解したりしています。よく考えると,これは凄い情報処理能力です。紙に書かれた絵を見,言葉を聞いただけで,目の前に伸びる道をどう進むかが分かるのですから。しかもリアルタイムでそれができるなんて。最先端のロボットだって,これをスムースにこなそうと思ったら大変でしょう。

こんな高度な情報処理や行動が可能なのは,説明する側とそれを聞く側との間に,地理情報伝達の決まりごとに関する,相互了解が成立しているからです。その相互了解とは,一体どのようなものでしょうか?また,どこからどこまでが生まれつき備わっていて,どこからどこまでが成長の過程で培われてゆくのでしょうか?この疑問を解き明かすための研究です。

もともと,この研究を思いついたのは,アメリカの大学院に留学していた頃の経験がきっかけです。現地で目にした地図のほとんどが,右図(上半分)のようなものだったのです。ご覧のように,道路網と通りの名前以外,ほとんど何の情報もありません。色も白黒。私にはどう考えても見にくいとしか思えなかったのですが,彼らはこの地図を当たり前のように使っていたのです。逆に私の示した下の地図を「ごちゃごちゃしてて見にくい」と言い出すアメリカ人に,びっくりしました。どうみても,私たちが普段使いこなしている地図のほうが情報量も多く,デザイン的にも優れているように感じませんか?「アメリカは先進国,何でも日本と同じかそれより進んでいる」,そんな私の素朴な先

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2